PMSでのイライラ症状とサヨナラ|対策をして症状改善

特徴と食品

白い服のレディー

PMSの症状は200種類以上あると言われていて、人によって症状は非常に異なります。その中でも代表的な症状は、イライラしたり、肌荒れなどがあります。他にも、下腹部や乳房が腫れて痛みを感じることが多いです。このような多種多様な症状を持つのがPMSですが、これと似たような症状を持つものもあります。月経困難症というのがそれに当たります。これは生理中に腹部が痛くなる症状があり、吐き気を伴うこともあり、体調不良になる場合もあります。しかしながら、PMSと異なる点は症状が現れる時期です。PMSは月経前に現れる症状であり、月経中に現れる月経困難症とは異なります。このような場合は、病院に行って検査を受けると良いでしょう。

食事方法や食べるものを選ぶこともPMSの治療につながります。治療に役立つ食事というのは、イソフラボンが多く含まれる食品があります。これは豆腐や豆乳などが挙げられます。これらは女性ホルモンのバランスを整える効果があります。女性ホルモンが乱れると症状が重くなることがありますので、これらを食べることも治療になります。また、マグネシウムやビタミンB6などが含まれるレバー、ナッツ類などを摂取することも効果的です。これらの食品は情緒不安定を緩和させる働きがありますので、おすすめの食品です。他にも、ビタミンEが含有されているブロッコリー、アーモンドが効果的です。頭痛やむくみを改善してくれる効果がありますので、おすすめの治療方法です。

Copyright © 2016 PMSでのイライラ症状とサヨナラ|対策をして症状改善 All Rights Reserved.